LINEで送る
Pocket

洗顔剤を使って顔がつっぱったりヒリヒリしたりする・・・そんな経験はないだろうか?

使っている洗顔剤を変えてそれが解消されるのであれば、単に使っていた洗顔剤が合わなかっただけなので、そこまで大きな問題にはならない。

しかし、どんな洗顔剤を使っても同じような症状になるのなら?

洗顔をしてつっぱったりヒリヒリしたりする原因はどこにあるのだろうか?

 

原因は洗顔の仕方が間違っている

どんな洗顔剤を使ってもし終わった後に顔がつっぱったりしているのであれば、ほぼ高い確率で「洗顔の仕方が間違っている」と言えるだろう。

例えば

・洗顔する時強く擦っている
・長時間洗顔をしている

など。

これらは一見汚れを落とすために良いと思われているがむしろ逆効果で、肌を傷つけて肌荒れやニキビの原因を作っていることになる。

また、洗顔をし過ぎると必要な皮脂まで落としてしまい、肌にうるおいがなくってシワやシミの原因にもなる。

洗顔の仕方1つで美肌を作ることも壊すこともできるので、心当たりがあるのならこれを機に改善してもらいたい。

 

より効率よく洗顔をするために

さらにもう1つ、洗顔のために大切なポイントがある。

それは、洗顔する際の洗顔剤の泡で、なるべくきめ細かい泡を作ることだ。

そうすることで、顔についた細かい汚れを力を使うことなく落とすことができるため、肌のうるおいを保つことにつながる。

また、洗顔は短時間で行ったほうが肌に負担がかからないので、なるべく時間をかけずに手早く済まそう。

この2つを心掛ければ、おそらく洗顔後に顔がつっぱったりすることはないはず。

肌の弱さや洗顔剤のせいにする前に、まずは自分の洗顔の仕方を省みてほしい。

LINEで送る
Pocket