肌にできたニキビの治療に欠かせない保湿の役割

ニキビができてしまった時、必死になって洗顔をする人がたまにいる

しかしそれは大きな間違いで、あまり洗顔をし過ぎると肌を傷つけたりうるおいを取ったりしてしまうため、余計にニキビができやすい肌にしてしまうことにつながる。

ではニキビができた時には、どんなことに注意すればいいか?

その1つが「保湿」である。

ニキビ治療に保湿が必要なワケ

そもそも肌にとって乾燥は大敵で、肌が乾燥しているかどうかによってニキビのできやすさは大きく違ってくる。

うるおいが無くなると、キメが乱れてシワやシミが目立つようになるし、バリア機能が低下して、ニキビはもちろん肌荒れが起こりやすくなってしまうのだ。

言い換えれば、保湿さえ怠らなければニキビができる可能性は低い・・・ということ。

もちろん余分な皮脂や雑菌を落とすために洗顔も大切ではあるが、それと同じくらい保湿も大切なので、ニキビができやすい体質の人は、この保湿にも気を配ってもらいたい。

ニキビに効果的な保湿の仕方とは?

ニキビにおいて保湿は大切だが、そのための方法はいろいろある。

一般的には洗顔後に化粧水などをつけてうるおいを保つこと。

とはいっても、化粧水は、様々なメーカーから販売されているし、価格から含まれている成分まで多種多様にあるため、どれを選んでいいか分からなくなるだろう。

そんな時はインターネットなどで調べると各化粧水の評価が書かれているので、そういったものを参考にしながら自分に合ったものを探すといいだろう。

特に乾燥肌が激しい場合は、化粧水をつけただけでは保湿ができない可能性があるので、「みんなの肌潤糖」という保湿ケア化粧品を使うといいだろう。

みんなの肌潤糖とはこんな保湿ケア化粧品

自分の肌のことなので、なるべく妥協しないよう、色々調べてみてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です