意外と知らない?洗顔をする本当の目的とは

美肌を作り、守るためには洗顔は必要不可欠だ。

おそらくこのことは誰もが分かっていることだろう・・・が、「なぜ洗顔が必要なのか?」の意味を正しく知っている人は決して多くない。

洗顔をしっかりやっていても肌荒れをしたりニキビができてしまう人がいるのは、洗顔の意味を理解しないまま実践しているからだ。

では洗顔の本当の意味とはなんなのだろうか?

洗顔とは汚れを落とすための行動

最近洗顔フォームには色々な成分が入っているが、実は洗顔においてこうした成分のほとんどは必要のないものだったりする。

なぜなら、洗顔の目的は「汚れを落とすこと」であり、それ以外の目的はないからだ。

もっと極端な言い方をすれば、顔についた見えない汚れや余分な皮脂さえ落とすことができれば、それだけで洗顔フォームの役目は十分果たしている・・・ということ。

洗顔で汚れを落としつつ、保湿もして有効成分も浸透させて・・・というのはまず不可能だということを理解してもらいたい。

洗顔は美肌を作るうえでの1つの工程

例えば野菜を育てる際に、まず畑を耕し、種をまいてから肥料や水をやって育て、立派に育ててから収穫する。

美肌もこれと同じで、まず顔についた汚れを落とし、それから化粧水などで保湿をすることで美しいうるおいのある肌をつくることができるである。

洗顔はその工程の1つに過ぎない。

だからこそ「洗顔だけやれば大丈夫」という考えは捨て、化粧水などを使って正しいスキンケアの工程を踏むことが大切。

手を抜いて守れるほど美肌は強くないことをぜひ理解してもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です